一般的な導入方法とは


企業や会社でコピー機を導入する場合、どのような方法があるかご存知でしょうか。新品を購入する、リース契約やレンタルをする、という方法が一般的ですが、他にも、中古コピー機を購入するという方法もあります。どの方法が適しているかは会社によって異なります。

リース契約とは、リース会社がメーカーと会社との間に入って仲介役をする導入方法になりますので、コピー機の所有権はリース会社にあり、それを借りる契約であり、契約期間中、月々支払うことになります。この場合、初期費用はほとんどかかりませんので、起業した当初、できるだけ出費を抑えたい場合に適しています。レンタルも同様の考え方ですが、自社の所有物にはなりませんので、契約中の変更等が一切できません。また、そのほとんどが長期契約となりますが、トータルコストで考えた場合、結果的に高くついてしまうことになります。

中古コピー機の場合は、リース契約よりは初期費用がかかってしまいますが、新しいコピー機を購入することと比較すると格段に安く購入できますし、自社の所有物として自由に扱うことができますので、束縛がない点もメリットとなりますので、コピー機の導入を考えている事業主の方は、ぜひご検討ください。