中古コピー機を選ぼう


中古コピー機の選び方について、年式やカウンター数値の確認はもちろんですが、他にも大切な判断基準があります。それは、会社の月間印刷枚数を算出すること。月間印刷枚数とは、ひと月に何枚出力しているかという数値になりますが、これを明確にすることで、会社に適している機種を絞り込むことができます。

コピー機は、印刷速度によって価格が変動します。一分間に印刷できる枚数、いわゆる「印刷速度」が速ければ速い程価格は高くなり、遅ければ比較的安価な商品ということになります。月間印刷枚数に対して、その数値に適した速度のコピー機を選択すると良いでしょう。つまり、価格で選ぶのではなく、印刷速度が適しているかどうか、そこがポイントです。月間印刷枚数が少ない会社では、高いから、速いからと選んでしまうと、実際にはそこまでの機能は必要がない会社もあり、無駄な出費になってしまったと言えます。逆に、安いからと遅い機種を選んだ場合、常に大量に印刷する会社であれば、業務に差し支えることになり、ふさわしくない商品であると考えられます。

中古コピー機でも会社に適した商品を選ぶことで、安くお得に導入することが可能です。確認ポイント、選び方だけしっかりおさえておくようにしてください。

中古コピー機の活用


中古コピー機は長持ちしないのではと懸念される方もおられます。もちろん、中古品ですので、新品とは異なり、以前は別の会社が使っていたということになりますので、購入の際にはいくつか確認するポイントはありますが、良品も沢山ありますし、中古品であることをふまえてきちんと扱うことで、長く愛用することも可能ですし、その安さと自由さの為に、買い替えもしたい時にできますので、中古コピー機だからこそ活用できるということもあります

中古コピー機の購入時、その商品の年式、カウンターの数値が大切なポイントですのでしっかりと確認しましょう。コピー機は、当然ですが、新しいもの、新品に近い状態の物ほど高くなります。カウンターの数値は、中古車でいうところの走行距離に等しく、印刷枚数の累計になりますので、この数が少ない程、コピー機の状態が良いと判断することができます。ネットで中古コピー機を探す場合には、カウンターの数値について明記されていることはあまりありませんので、業者に問合せをしてしっかり確認をしておきましょう。他にも、商品のメンテナンス状況、今までのデータが完全に消去されているか、保守サービスの有無等を確認するようにしてください

一般的な導入方法とは


企業や会社でコピー機を導入する場合、どのような方法があるかご存知でしょうか。新品を購入する、リース契約やレンタルをする、という方法が一般的ですが、他にも、中古コピー機を購入するという方法もあります。どの方法が適しているかは会社によって異なります。

リース契約とは、リース会社がメーカーと会社との間に入って仲介役をする導入方法になりますので、コピー機の所有権はリース会社にあり、それを借りる契約であり、契約期間中、月々支払うことになります。この場合、初期費用はほとんどかかりませんので、起業した当初、できるだけ出費を抑えたい場合に適しています。レンタルも同様の考え方ですが、自社の所有物にはなりませんので、契約中の変更等が一切できません。また、そのほとんどが長期契約となりますが、トータルコストで考えた場合、結果的に高くついてしまうことになります。

中古コピー機の場合は、リース契約よりは初期費用がかかってしまいますが、新しいコピー機を購入することと比較すると格段に安く購入できますし、自社の所有物として自由に扱うことができますので、束縛がない点もメリットとなりますので、コピー機の導入を考えている事業主の方は、ぜひご検討ください。

コピー機の格安導入


起業する際にコピー機等のオフィス機器の導入を考える場合、できるだけ安く導入したいと考えます。主な導入方法として、リース契約、レンタル、新しく購入する、中古コピー機を購入するといった方法がありますが、自社で購入したいと考えるのであれば、新品よりも安く導入できる、中古コピー機の購入がお勧めです。もちろん、新品の方が品質も状態も最も優れた商品であることは間違いありませんが、最初にかかる費用がどうしても高くついてしまい、起業する際の運用資金への負担となってしまいますので、安く購入したいという方には、中古コピー機を検討された方が良いと言えます。

中古品は後のメンテナンス費がかかって結局高くついてしまうのでは、と不安に思われる方もおられるかもしれませんが、現在は比較的新しいコピー機でも頻繁に買い替えする人も沢山いますので、新品に近い機能を持ちながら、中古コピー機として市場に出回っている良品も沢山あります。専用のサイトがありますので、一度チェックされると良いと思いますが、意外に安い値段で希望通りの中古コピー機が手に入る可能性も多々あります。

中古コピー機を選ぶ基準は、もちろん好みや予算、条件で絞り込むことになりますが、値段の安さ、高さ、機能の多さ等で選択してしまうと、実際には自社の業務に適していない機種を選んでいる可能性があります。ここでは、コピー機を安く購入する手段として中古コピー機のメリット、コピー機の選び方等紹介します。